形成外科
診療科紹介

 形成外科とは、下記疾患の様に、身体に生じた組織の異常や変形、欠損、あるいは整容的な不満足に対して、あらゆる手法や特有の技術を駆使し、

機能のみならず形態的にもより正常に、より美しくすることによって、みなさまの生活の質 "Quality of Life" の向上に貢献する、外科系の専門領域です。

疾患によっては大学病院と連携して治療にあたります。

 治りにくいキズや、昔にできてしまった変形でも、諦める前に一度当科を受診してみてください。何か良い方法があるかもしれません。

 

対象疾患

外傷新鮮外傷(擦り傷・切り傷等)、新鮮熱傷、顔面骨骨折

先天異常唇裂・口蓋裂、その他顔、手、足の先天異常、臍ヘルニア(出べそ)

体表疾患血管腫、皮膚・皮下の良性腫瘍(ほくろ・あざ・できもの等)、耳瘻孔、毛巣洞、皮膚・皮下の悪性腫瘍

体表の変形瘢痕(傷跡)およびそれによる瘢痕拘縮(ひきつれ)、ケロイド

慢性創傷褥瘡(床ずれ)、難治性潰瘍(治りにくい掘れたキズ)

瞼の変形眼瞼下垂(まぶたの垂れ下がり)、睫毛内反

乳房再建:自家組織・人工物による再建術を施行しています

その他顔面神経麻痺後遺症、陥入爪、腋臭症、乳癌術後後遺症 等

 

※そのほか様々な疾患も対応しておりますので、お気軽にご相談ください。

 

​​