Review・総説・著書など
2021年度

1. 高橋賢治、北野陽平、水上裕輔、藤谷幹浩、奥村利勝. 「膵癌におけるエクソソームを用いた診断・治療への応用」 肝と膵 Vol.42(8) P.717-724, 2021年8月

2. 高橋賢治、北野陽平、藤谷幹浩、水上裕輔、奥村利勝. 「膵癌のncRNA解析とバイオマーカーとしての意義」 肝胆膵-第83巻第4号 2021年10月

​​
2020年度
  1. 岡田哲弘、水上裕輔、林 明宏、河端秀賢、佐藤裕基、河本 徹、後藤拓磨、谷上賢瑞、小野裕介、唐崎秀則、奥村利勝. 〔特集〕膵疾患の病理学的診断の現状と課題 膵癌の初期発生とリキッドバイオプシーによる分子診断. 膵臓35:2020;302-312.

 

​​
2019年度
  1. 小野裕介. リキッドバイオプシーを対象とした「がんゲノム医療」への試み. Application Note No.60ライフサイエンス. ㈱島津製作所 2019.

 

​​
2018年度
  1. 河野 透. 疾患別 最新のエビデンス 下部消化管疾患の漢方治療. 渡辺賢治 編 医学のあゆみエビデンス漢方診療 : 医歯薬出版㈱ 2018.
​​
2017年度
  1. Patra KC, Bardeesy N, Mizukami Y. Diversity of precursor lesions for pancreatic cancer: thegenetics and biology of intraductal papillary mucinous neoplasm (review). Clin Transl Gastroenterol 8: 2017; e86.
​​
2016年度
  1. Kono T, Shimada M, Yamamoto M, Kase Y. Daikenchuto and GI Disorders. Herbal Medicines:New Horizon(Editor:Akio Inui.) 2016; Chapter 11.
  2. 日比紀文 監修/横山 薫、斎藤詠子、新井勝大、清水泰岳、前本篤男、髙津典孝、内野 基、国崎玲子 編集. チーム医療につなげる!IBD診療ビジュアルテキスト.羊土社 2016.
​​
2015年度
  1. Kono T, Fichera A. Recurrent CD:Surgical Prophylaxis-Kono-S anastomosis. Crohn’s Disease: Basic Principles (Editors: Fichera A, Krane M.) 2015; 227-236.
  2. Kono T, Shimada M, Yamamoto M, et al. Complementary and synergistic therapeutic effects of compounds found in Kampo medicine: analysis of daikenchuto. Front Pharmacol 2015; 6: 159.
  3. 河野 透. Crohn病に対する外科治療. Annual Review 2015消化器(竹原徹郎、金井隆典、下瀬川 徹、島田光生編集) 中外医学社出版 2015; 2015: 233-240.
  4. 河野 透. 抗がん剤の副作用に対するKampoのエビデンス. 医薬ジャーナル 2015: 51(2): 69-73.
  5. 河野 透. 外科と漢方. 使ってみよう漢方薬(小野孝彦編集) 文光堂出版 2015; 98-106.
  6. 宮野 加奈子, 河野 透, 上園 保仁. 抗がん剤治療による口内炎に対する半夏瀉心湯の効果. 日本薬理学雑誌 2015; 146(2): 76-80.
  7. 齋藤博哉.胆道IVR 経皮インターベンションのすべて.特殊な胆道内瘻術(4)磁石圧迫吻合術.メディカルビュー社 2015;162-165.
​​
2014年度
  1. 河野 透. 便通異常. 腫瘍内科 2014; 14(2): 128-135.
  2. 山崎誠治. IVR BOOK 2014・DIVISION 2 循環器、末梢血管領域のIVR. CLINICALREPORT 血栓吸引カテーテル. 当院でのExport Advance 使用成績.  IVR BOOK 2014 年10 月臨時増刊号 Rad Fan 2014; 12(12): 56-57.
​​
2013年度
  1. Deschênes-Simard X, Mizukami Y, Bardeesy N. Macrophages in pancreatic cancer:starting things off on the wrong track. J Cell Biol 2013; 202(3): 403-5.
  2. 河野 透、前田耕太郎、坂井義治、大毛宏喜. Alessandro Fichera. 新しい腸管吻合法:Kono-S 吻合. 炎症性腸疾患の外科治療 2013; 139-145.
  3. 河野 透. 周術期における漢方薬の応用.序論.漢方と最新治療 2013; 22(2): 91-93.
​​
2012年度
  1. Mizukami Y. Bone marrow-derived proangiogenic cells in pancreatic cancer. JGastroenterol Hepatol 2012; 2: 23-6Mizukami Y, Sasajima J, Ashida T, Kohgo Y. Abnormal tumor vasculatures and bonemarrow-derived pro-angiogenic cells in cancer. International Journal of Hematology 2012; 95: 125-30.
  2. 掛地吉弘、河野 透. EBM によるがん領域の漢方の使い方2012. ライフ・サイエンス出版 2012.
  3. 河野 透. 今日のがん治療を支える漢方薬のエビデンス がん漢方. 南山堂出版 2012;16-25.
​​