動脈硬化その他の原因のために血液の流れが悪くなり慢性の血流障害を起こすことで、足先の冷たい感じやしびれ、歩行時の痛み,安静時でも感じる痛み、さらには足先の潰瘍(皮膚の一部がただれてくずれた状態)、壊死(組織の一部が死んだ状態)を起こし、下肢切断に至ることもあります。