診療案内

肛門外科

診療スタッフ

笠井 章次

医長
資格・専門医
日本外科学会専門医 臨床研修医指導医

笠井章次

参加学会および学会認定

日本消化器外科学会学会員 日本臨床外科学会学会員 日本内視鏡外科学会学会員

診療科紹介

痔の悩みを抱えている患者さんは非常に多く、日本人の3人に1人と言われています。

痔には大きく分けて3つのタイプがあります。
【痔核(じかく)】
肛門に強い負担がかかることで、肛門を閉じる役割をするクッション部分が腫れて外に出てくる。発生する部位によって、内痔核と外痔核がある。

【裂肛(れっこう)】
硬い便や下痢によって肛門が切れる。痛みと出血がある。

【痔瘻(じろう)】
肛門の近くに細菌が入り込み、中で膿がたまり、その膿が出た後に肛門内部に通じる管が残った状態。

この中で最も多いのが内痔核です。
当院では内痔核に対して、切らずに治す「ジオン注射療法」を積極的に行っております。
すべての痔核に適応できるわけではありませんが、痛みや出血がほとんどなく、当院では日帰りか1泊入院で行っております。

>> 肛門外科専門外来の診療スケジュールはこちら

※最新の痔の治療法について詳しく知りたい方は、毎月1回当院の各地で開催しています医療公開講座をお聞きください。講演後医師による個別相談も行っています。
>> 医療公開講座スケジュールはこちら