診療案内

総合診療部

診療スタッフ

畑 俊一

副院長
資格・専門医
日本専門医機構 総合診療領域特任指導医講習会/日本プライマリ・ケア連合学会暫定指導医/日本臨床内科医会臨床内科認定医/北海道大学医学部医学科臨床指導教授

畑俊一

診療科紹介

総合診療部は救急外来における初期治療・診断とその後の入院治療を行っています。
救急車搬入件数は着実に増え続け、平成27年度は9,500台を突破しました。
病気は自分の症状からどこの病院へ行けばよいか、すぐにわかるわけではありません。心筋梗塞を経験した患者さんであれば、同じ症状を感じたらすぐにかかりつけと連絡を取るでしょう。しかし、具合が悪くてもどこへ行ったらいいか迷っている間に状態が悪くなり、救急車を呼ぶこともあります。
札幌市内には最重症患者を受け入れる三次救命施設が5つある一方で、症状から病気がはっきりしない患者さんを受け入れることができる二次病院は慢性的に足りていない状況です。
当科はそのような様々な原因がからみ合った、1つの科では担当できない患者さんを診療しています。
救急外来は一見派手ですが、病気を救急外来のみで治療できるわけではありません。
症状をよくするためには継続的な診療が必要であり、退院後の外来通院をつなげた治療が必要であると考えています。
当科の専従医は救急外来・病棟・総合内科外来を担当することで、継続的な治療を行っています。病気とは複雑で原因究明に苦労することも多いものです。

このような患者さんの診療を学ぶために全国から集まった若手医師とカンファレンスを重ねて診療を行っています。