診療案内

形成外科

診療スタッフ

吉川 摩由

資格・専門医
日本形成外科専門医/身障者指定医:形成外科(肢体不自由)

吉川摩由

診療科紹介

形成外科で取り扱う疾患に関してご紹介させていただきます。

いわゆる皮膚疾患(皮膚の病気)は、皮膚科でみてもらいますが、それ以外の生まれつきの、あるいは事故や環境など様々な原因による後天性の体の表面で気になることに対する治療を行っています。

治療方法は、塗り薬や貼り薬といった保存的治療と手術治療を組み合わせて治療を行います。
具体的には、体の表面の怪我、特に顔面の怪我は露出部位のため細心の注意を払い処置や縫合手術を行う必要があります。
熱傷は、浅いやけどは軟膏治療で治癒しますが、深いやけどの場合は皮膚が死んでしまうため、皮膚移植が必要となります。
ホクロや粉瘤などの皮膚の良性腫瘍やいわゆる皮膚がんといった皮膚の悪性腫瘍は手術で切除を行い、必要に応じて皮弁術や植皮術といった再建手術も行います。
傷が治りづらいといった難治性潰瘍や、いわゆる床ずれである褥瘡に対しては傷の状態に応じて様々な軟膏治療を行い、必要に応じて手術加療も検討します。

そのほか巻き爪、陥入爪、わきがなどに対する治療があります。
そのほか様々な疾患もありますので、ご気軽にご相談ください。