診療案内

血液・腫瘍内科

診療スタッフ

和野 雅治

部長
資格・専門医
日本血液学会専門医・同指導医・同代議員、日本内科学会認定内科医・同指導医、日本輸血・細胞治療学会認定医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本がん治療認定医機構暫定教育医、臨床研修指導医 がん治療に携わる医師を対象とした緩和ケアに関する研修修了

和野雅治

診療科紹介

血液・腫瘍内科という科名は、血液内科と腫瘍内科とを併せた名称です。
血液内科は、造血器悪性腫瘍(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄増殖性腫瘍)と、各種の貧血や血小板減少症などの診療を行います。

腫瘍内科はがん薬物治療の対象となるすべての悪性腫瘍を対象としていますが、実際の診療では、通常の診療科の枠におさまらない腫瘍(原発不明がん、骨軟部肉腫など)を扱います。

当院の血液・腫瘍内科は、平成25年7月に開設され、血液疾患の診療及び入院治療を行っています。細胞表面マーカーや染色体・遺伝子検査結果から病気を適切に診断し、CTやMRI、PET-CTなどの画像検査で病期を決定し、治療では分子標的治療薬も交えて最新の治療を行い、適応があれば自家末梢血幹細胞移植も行います。

血液疾患は血液専門医でないと診療しにくい場合も多く、他診療科や血液内科がない施設の先生からの紹介も広く受け入れて、血液の病気をもつ患者さんが納得し満足して治療を受けられるようお役に立ちたいと考えています。