卒後臨床研修評価機構

卒後臨床研修評価機構(JCEP)とは

卒後臨床研修評価機構は国民に対する医療の質の改善と向上をめざすため、臨床研修病院における研修プログラムの評価や研修状況の評価を行い、臨床研修病院のプログラムの改善、よい医師の養成に寄与すことを目的としています。
全国で171病院(平成27年4月1日現在)が認定を受けています。

当院は、平成27年3月1日付けで、新たに、卒後臨床研修評価機構(JCEP)より「認定(4年)」の評価結果をいただきました。

評価結果

当院は「救急搬送台数が年間9000台近くにも及ぶ急性期病院です。
救急患者を中心として研修医が数多くの経験を積むことができるプログラムを作成しています。各科の指導医も情熱を持って研修医への指導に当たっており、研修医の経験症例数と指導内容に十分に満足しています。今後とも北海道の地で多くの優れた研修医を育てる基幹型研修病院をしてより充実されることを期待します。」と評価をいただきました。
しかし改善しなければいけない項目もあり、次回の受審までには指摘された事項を改善し、よりよい研修病院であるように努めてまいります。