初期臨床研修医募集

研修参加施設          

研修ローテーション

ローテーション

下記の表は記入例です。ローテーションする科の順番は、研修医の希望を元に研修委員会で決定します。
◎1年次(例)
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
循環器内科 消化器内科 総合診療部 一般外科 救急科 整形外科 麻酔科

◎2年次(例)
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
小児科 選択 総合
診療部
選択 僻地離島医療 選択
  • 各年次・各プログラムを通して救急当直勤務あり
  • 選択科は内科系(総合診療部・消化器内科・循環器内科)・一般外科・整形外科・外傷部・脳神経外科・放射線診断科(IVR)・眼科・皮膚科・緩和ケア・麻酔科・病理科・血液腫瘍内科・形成外科・NICU・心臓血管外科・小児科・呼吸器内科・地域医療・ 臨床研究センターを5ヶ月間で自由に選択。

研修医の週間予定表

曜日 時間 内容
7:00~8:00 各科部長・医長参加による症例検討会(学会形式)
8:00~9:00 症例検討会(救急症例等)・英語抄読会
8:00~9:00 症例検討会(救急症例等)
8:00~9:00 症例検討会(救急症例等)
8:00~9:00 症例検討会(救急症例等)
8:00~9:00 エコー勉強会/ECG勉強会
8:00~9:00 症例検討会(救急症例等)
※指導医レクチャー・院外講師レクチャーは不定期で開催しています。

研修終了後の進路

自己評価と指導医評価を記載する研修医手帳を各自に配布し、毎週行う研修医カンファレンスにおいてその記載状況の点検を行なうとともに各科ローテーション終了時に札幌東徳洲会病院・札幌徳洲会病院・札幌佐藤病院・札幌トロイカ病院・札幌東豊病院合同研修委員会がその実績を調査し、その結果到達目標の達成度を確認し修了を認定する。

各研修医が研修手帳に2年間の研修による到達目標の達成を申告し、札幌東徳洲会病院・札幌徳洲会病院・札幌佐藤病院・札幌トロイカ病院・札幌東豊病院合同研修委員会がその実績を調査し、到達目標の達成度を確認し修了を認定する。認定された者は、初期研修プログラムを終了したことを明記した研修終了証書が授与される。

3年次以降は、各科より毎年定められている定員の範囲内においてスタッフとして継続採用され、専門研修へ進むことができる。専門科においては、学会認定医、専門医の資格取得を当初の目標とし、その後も専門医として自立できるまで研鑽を積む。同時に下級医に対する教育、臨床研究等も日常診療と並行して積極的に行う。ただし、定員を超える希望科については、研修医の希望に沿って研修委員会で検討する。新専門医制度については、順次最新情報を更新いたします。