初期臨床研修医募集

研修参加施設          

各科指導医からのメッセージ

内科 名誉院長 清水 洋三
日本内科学会認定内科認定医・日本消化器病学会専門医

一般内科は各科と連携しながら個々の病気だけでなく全人的な診療を行っており、プライマリ・ケアでは在宅診療を行い院内では救急患者の初期診療などを行っています。
また常に最先端の医学情報を収集し、絶えず自己の研鑽に努める姿勢を身に付けるよう指導します。更には学会発表、論文報告などの学術的活動についても積極的に参加を促し、国際的な視野に立って活躍していける基礎を作ります。
消化器内科 院長 太田 智之

日本消化器学会指導医/日本消化器内視鏡学会指導医/日本大腸肛門病学会指導医/日本内科学会認定医/日本がん治療認定医/臨床研修指導医

消化器科は、現在6名体制となっています。ハード面の特徴は、3階フロアー全体で病棟と消化器外来、内視鏡センターを包括しており、これら全体で消化器センターとなっていることです。疾患は消化管から肝胆膵まで広く扱っており、通常内視鏡検査はもとよりESDなどの高度治療やERCP、EUS-FNAなどの胆膵内視鏡、肝生検や胆道ドレナージRFAなどの経皮処置、またTAEをはじめとしたIVRにも対応しています。
癌については外来を中心に化学療法も積極的に行っており症例は着実に増えています。みなさんもぜひ初期研修の2年間でいっしょに仕事をしましょう。
総合診療部 副院長 畑 俊一
日本医師会主催指導医講習会

救急総合診療部は救急外来における初療から積極的に治療に参加するという態度を明確にすべく、「救急」の名を冠した総合診療部門です。「科」ではなく「部」と称しているのは、クローズドな科ではなく、他科の医師にもローテーションで期間を決めて所属してもらい、得手不得手の領域をカバーし合う、中央診療部門でありたいと考えているからです。実際は救急医である専任スタッフが総合内科外来を担当しながら、研修医と共に救急、紹介、一般外来全てのルートから来院する患者を引き受け、専門治療が必要な場合に各科の協力を得ています。間口の広い救急医療においては、時として主訴や症状が既存科にマッチしない症例もあり、そのような入院治療は当部が担当することで、救急外来の後ろ盾を担っています。ICUとHCUというインフラを利用して重症患者治療を行うと同時に、一見軽症に見える不定愁訴患者を入院でじっくりと対応できるという環境もあり、解決に至る過程は若手医師にとっては一生の財産になるでしょう。医療はコメディカルの協力だけではなく、患者を取り巻く諸問題を家族と一緒に解決していくことにより完結します。初期治療、入院治療、退院計画、退院後followの全てを行って治療は完結し、その全てに対応できることが救急総合診療医であると考えています。
循環器内科 副院長  山崎 誠治
日本循環器学会専門医/日本内科学会認定医/日本内科学会総合内科専門医/日本心血管インターベンション治療学会認定医・専門医/日本不整脈学会「ペーシングによる心不全治療」研修証取得/日本不整脈学会「植込み型除細器」研修証取得/臨床研修指導医/日本脈管学会認定脈管専門医/日本禁煙学会認定指導医

循環器科は狭心症・心筋梗塞に対して迅速な診断治療をモットーにして、平成27年は心臓カテーテル2,664件・PCI871件を行い、北海道で有数の症例数を誇っています。
更に心臓のみならず、全身の血管のカテーテル治療、不整脈の治療(アブレーション、CRTD)が習得できます。また、北海道で唯一のvascular LABOがあり、全身の血管のエコーの評価ができます。心臓カテーテル室は最新鋭の装置を3室擁し、ドクターが乗って治療しながら安全に患者様を移送できるモービルCCUも2台稼動しています。更に診断機器として心臓専用MRI・64chMDCTが装備されています。症例数は豊富ですので多くのことを学び実践できます、これからのインターベンションを目指す循環器内科として、すべての手技ができる日本でも数少ない施設と自負しています。
外科 副院長 唐崎 秀則
日本外科学会指導医/日本消化器外科学会指導医/消化器がん外科治療認定医/日本肝胆膵外科学会高度技能指導医/臨床研修指導医北海道外科学会評議員/日本肝胆膵外科学会評議員

外科医を目指している若手医師に必要なものは何か。その大きな要素の一つとして幅広い疾患を短期間に経験することが挙げられます。そして、それを可能にするのが当院の症例数です。
当院の平成27年度の救急車受け入れ件数は8,823件で、253件の緊急手術を行った。これら緊急手術の多くは、いわゆる"common disease"で、外科医を目指す若手医師が研修初期に経験すべき必須症例です。そして、これら緊急手術の多くを当院にやってくる初期・あるいは後期研修医諸君が、経験豊富な指導医のもとで実際に執刀することになります。
また当院では「がん診療」を救急診療とならぶ重点診療項目にかかげており、がんの外科治療症例数も豊富です。平成27年度の悪性腫瘍手術件数は126件で、この領域においても各領域の指導医による集中的な修練が可能です。さらに当院には炎症性腸疾患センターがあり、この領域の手術件数も豊富です(平成27年度42例)。当院には国内外の施設で指導している医師が在籍し、専門性の高いこの領域において指導的役割をはたしています。従って、初期・後期研修のみならず、一般外科の初期研修を終え、サブスペシャリティーの修練を積むにも絶好な環境と言えます。
もちろん経験症例数だけでは良い「医者」はできあがりません。当院外科は大学病院医局と異なり、少人数(7人)のスタッフにより運営されているため、研修医に目の届きやすい環境です。教育好きな指導者が熱意ある若手外科医の研修を支えます。
IBDセンター 副院長・センター長 前本 篤男
日本内科学会認定医/日本消化器病学会専門医/日本消化器病学会指導医/日本消化器内視鏡学会認定専門医/身障者指定医:内科・消化器内科(音声言語・肢体不自由・心臓・呼吸器・ぼうこう・小腸・免疫・肝臓)/臨床研修指導医

腸管に強い炎症を起こし、その結果腹痛や下痢、さらには血便などを伴う原因不明の病気、『潰瘍性大腸炎』と『クローン病』をまとめて炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease:IBD)と呼んでいます。当院に受診される道内の患者さんはもとより、全国のグループ病院の患者さんにも世界最高の治療が提供できるようなネットワークシステムを構築して、IBDの治療がより発展するような取り組みをしてゆきます。将来的には治療に直結した基礎研究をおこなえるような構想ももっています。将来医師をめざす皆さん、いっしょにIBD治療をやりませんか?
脳神経外科 部長 佐藤 正夫
日本脳神経外科学会専門医・指導医日本脳卒中学会専門医/臨床研修指導医

北海道有数の救急車の搬入台数を誇る当院は、救急患者へ充分対応できる診療体制となっています。脳神経外科では、脳血管障害、外傷を中心とする救急患者さんへの対応の他、脳腫瘍、てんかんなどの機能的疾患、血管内治療、脊髄疾患などにも対応できるよう体制を整えています。当科では、外科的治療だけではなく、神経診察、画像診断、神経生理学的診断、鑑別診断、全身管理など、外科的治療に至る過程、術後の管理も重視しています。初期臨床研修を行うには最適の病院と考えています。皆さんの参加をお待ちしています。
心臓血管外科 部長 上田 高士
日本外科学会専門医・指導医/日本消化器外科学会指導医/消化器がん外科治療認定医/臨床研修指導医/心臓血管外科専門医機構修練指導者

当科は4名の常勤スタッフで診療に当たっており、圧倒的な症例数を誇る循環器科の各ドクターをはじめ、ME、OPE室、ICU、病棟看護師、各コメディカルスタッフの絶大な協力・努力のもと成り立っています。定期から緊急まで24時間オンコール体制で虚血性心疾患から大動脈まであらゆる手術を行っております。増加傾向にある手術症例また今後始まる低侵襲治療のため、人員の拡充を図っているところです。
救急科 センター長 瀧 健治    
日本救急医学会救急科専門医/Infection Control Doctor/臨床研修指導医

救急科は現在5名体制で、救急科専門医が3名在籍しています。初期研修医が救急現場で落ちるような全ての穴(pitfall)には、自分で落ちたことがあります。だから、研修医と一緒に診療した時に、一見放置しているようでも、本当に危なくなる前には助ける自信があります。救急症例数が多いことに期待する反面、心配なイメージを持つでしょうが、安心してください。割合から言うと、将来救急医にならない人が圧倒的に多いですが、時間外外来に歩行来院する患者の500人に1人はICU相当だと言われていることを考えると、救急医療に全く関わらない人はほとんどいないでしょう。自分の患者が病棟急変した時に、自然と体が動き、診断は救外でやっていたのに比べるとずいぶん簡単だなぁ、と思えるようになるのが、初期研修での救急研修の目標です。もちろん、緊急コールで駆けつける側の救急医になりたい人にも、文句なしにお勧めです。
血液・腫瘍内科 部長 和野 雅治
日本血液学会専門医・同指導医・同代議員/日本内科学会認定内科医・同指導医/日本輸血・細胞治療学会認定医/日本臨床腫瘍学会暫定指導医/日本がん治療認定医機構暫定教育医/臨床研修指導医

入院診療は主として腫瘍性疾患(白血病、リンパ腫、骨髄腫)が中心で、他に原発不明がんも診ています。外来は、通院化学療法、非腫瘍性血液疾患の診断と治療、診断未定の腫瘍の確定診断、などが主となります。血液腫瘍は、疾患だけでなく治療も命に関わるので、告知や説明のスキルは極めて重要です。血液腫瘍3大カテゴリーはそれぞれに大きく異なっており、これらを経験する中で医者としても人間としても幅が広がります。特徴は、【白血病:自己完結型】血液内科医が診断、血液内科医が治療、目標は治癒。【リンパ腫:診療科横断型】他科からの紹介が多い、生検は外科医に依頼、診断は病理医に依頼、治療は血液内科が担当、治療効果は大。【骨髄腫:緩和医療型】進行が遅い、治癒は困難、緩和マインドが極めて重要。救急とプライマリー・ケアが研修目的の方にとっても、少し異なる当科の研修もまた味があるのでは?
整形外科 部長 綛村 俊之
日本整形外科学会整形外科専門医/日本整形外科学会スポーツ医

整形外科は急性疾患(外傷)と慢性疾患を扱っています。高齢化社会の加速に伴い、骨粗鬆症性の骨折や変形性関節症、腰部脊柱管狭窄症なども増加し、需要は高まっています。もちろん、薬物療法やリハビリなどの保存療法を選択することもありますが、ADLをより良く保つためには手術療法も必要です。変形性関節症や、関節リウマチで変形した膝関節・股関節には、人工関節置換術を行うことで、目覚ましい改善がみられます。個々の患者さんの変形の程度に応じて、可能な限り筋肉を温存した傷の小さな手術としています。上・下肢の骨折を中心に幅広い外傷に対応でき、スポーツ外傷の前十字靭帯損傷や半月板損傷には関節鏡手術を行っています。
外傷は、どの病院、どの科に進もうとも、当直などを考えると最低限の対応は必要です。救急科での初期対応を含めて勉強になると思います。ぜひ、見学に来て下さい。
麻酔科 主任部長 鳥谷部 政樹
日本麻酔科学会専門医/ペインクリニック専門医/臨床研修指導医

 麻酔科では現在4名の体制で年間2,000例をこなしています。緊急手術が多く,忙しい病院ですが休息もしっかり取れるように配慮しています。麻酔科は手術中の麻酔を通して全身管理を学ぶことができますので初期研修で得た経験は他科に移ったとしても非常に役立つものとなるでしょう。是非見学に来て下さい。
病理診断科 部長・顧問 長嶋 和郎
北海道大学名誉教授・日本病理学会認定医・評議員・細胞診専門医・ICD(Infection Control Doctor)・臨床研修指導医

北海道大学医学部分子細胞病理学分野教授を退官後当院で病理部長として早朝から医師・研修医と症例検討会に参加し指導をしております。病理所見を含めた討論が展開され、勉強会に深みが増したと自負しております。臨床病理カンファレンスCPCも活発に開催しています。
小児科 部長 上田 大輔
日本小児科学会専門医/臨床研修指導医

現在、スタッフ1名体制ですが、小児疾患全般に対してきめ細やかな研修指導を心がけております。特に気管支喘息をはじめとするアレルギー性疾患については、より質の高い治療、生活指導を心がけており小児研修の基礎となる疾患をマンツーマンで研修指導しております。是非1度見学に来て下さい。
放射線診断科 画像・IVRセンター長 齋藤 博哉
日本医学放射線学会放射線科専門医(診断)/日本IVR学会専門医/日本核医学会認定医/日本核医学会PET核医学認定医/日本がん治療認定医機構暫定教育医/臨床研修指導医

放射線科、画像・IVRセンターでは、画像診断とIVRを担当しています。病気を治療するにあたっては、まず、正確な診断がなされなければ、適切な治療法を選択することはできません。近年、画像診断法は急速に進歩し、病気の診断において重要な位置を占めるようになってきています。当院ではmulti-slice CT2台、1.5T MRI2台に加え、PET-CTも稼働し、ますます画像診断の重要性が増しています。日常臨床に加え、救急診療において、適切な検査を的確に行い、正しく、より早く診断にたどり着けるよう、研修指導しています。また、現在の医療における重要なキーワードの1つとして、低侵襲性治療(IVR)があります。IVRとはリアルタイムに画像を見ながら、従来は外科手術でしかできなかった治療を行う「低侵襲性治療手技」です。救急医療ばかりでなく癌治療に対するIVRに積極的に取り組んでいます。また、道内で唯一経皮的椎体形成術(PVP:骨セメント療法)、磁石圧迫吻合術などを行っており、凍結治療装置も稼動準備中です。IVRを目指す放射線科として、幅広く手技が習得できる施設です。
耳鼻咽喉科 部長 國部 勇
医学博士日本耳鼻咽喉科学会認定専門医・指導医/日本気管食道科学会専門医/日本頭頸部外科学会頭頸部がん専門医・暫定指導医/日本がん治療認定医機構がん治療認定医/日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医/臨床研修指導医

耳鼻咽喉科は聴覚・平衡覚・嗅覚・味覚・嚥下・発声など、人間らしく生きていく上で重要な機能を担う分野です。さらに頭蓋底から頸部・上縦隔に至るまで大変幅広い領域を担当しています。扱う疾患も、めまい・難聴などの感覚障害、嚥下・発声障害などの機能障害、上気道感染症・アレルギーおよび頭頸部腫瘍など多種多様です。初期臨床研修における救急およびプライマリ・ケアにおいて、鼻出血・めまいなど避けては通れない疾患も数多くあります。common diseaseの対応から、専門的な耳鼻咽喉科・頭頸部外科の診断・治療まで、幅広く経験できる耳鼻咽喉科も研修の選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
※2016年12月現在
※各研修科では初期・後期研修の相談に担当指導医が応じておりますので、実習時にお問い合わせ下さい。