初期臨床研修医募集

研修参加施設          

臨床研修室


院長
研修管理委員長
清水 洋三

(東京医科大学卒)
2年間をどう過ごすかで医者の人生が決まります。
札幌東徳洲会病院での研修の基本的な考え方は「鉄は熱いうちに打て」です。私たちは大学を卒業したばかりの諸君が「最初の2年間をどう過ごすか」により君達の医者としての人生がほぼ決まってしまうと言っても過言ではないと考えています。
従ってこの2年間を有意義に過ごすために「生命だけは平等だ」の理念のもと、患者様の為に何ができるのか、いつ何をすべきか、なぜそうなるのかなどを密度濃く学ぶことにより技術と共に心と身体が鍛えられ高められると信じています。夫々の診療科の経験豊富な指導医が同じ気持ちで一緒にBed sideに立ち研修医を熱く指導する姿は初期研修の重要さを理解しているからこそできることであり、研修医はこれに答えるべき真剣に学び、そして努力し、共に笑い、共に泣くという関係が当院ではすでに出来上がっています。当院の研修医の定員は少ない数ですが、是非この仲間に皆様が加わって下さることを期待しています。

プログラム責任者
救急科医長
研修委員長
松田 知倫
Clinical and Scientific 臨床と科学的側面を重視した初期研修
我々の病院は、研修医を「大きな学生」ではなく「小さな医師」として扱います。見学がメインの研修は皆無であり、たとえそれが入職した月であっても「先生、どうしますか?」などと指示を仰いでくるような文化です。「そんなことできません」と研修医は毎年言いますが、みんなあなたができないことを知っています。「忙しいでしょう」「大変でしょう」もよく聞きますが、医師人生の始まりが「暇」で「楽」なはずがありません。もしもそうなら、それはただの「手加減」でしょう。
徳洲会のように症例数が多い研修病院では「何でもやったことがあるが何にも知らない」研修医ができかねません。毎朝のカンファレンス、コアレクチャー、英語論文抄読会での発表、症例発表のスライド作りなどが現在用意されています。研究・学会発表は義務であり、参考文献をたくさん準備した指導医が待ち構えています。こんな勉強がしたいという同期や後輩の声をまとめ、指導医に交渉・調整していくこともまた、初期研修の一部であり、spoon-feedingを受けるのは「大きな子供」です。

研修医・レジデントのための研修管理委員会

指導医、研修医、レジデント、看護師、コメディカルまで参加している研修管理委員会は、病院の中でも最も大きな組織である。医学教育を学んだメンバーが、委員会を牽引し、研修で起こる様々な問題へ迅速に対応してゆく。月1回のワーキンググループ会議では小さな問題を解決してゆき、2ヶ月に1度の研修管理委員会は重要事項を迅速に決めてゆく。
毎年数名の当院の初期研修修了者が後期研修へ入るため、研修委員会は初期から後期へのスムーズに移行するように調整を行う。
初期+後期連動プログラムでは、研修医が安心して研修に専念できるよう、今後さらに綿密なチェックが研修管理委員会の中で行なわれる予定である。