健診センターご利用のご案内

特定健診・特定保健指導について

当院は平成18年度に厚生労働省の補助事業「メタボリックシンドロームの予防に着眼した保健指導の実施準備事業」をおこないました。その経験を踏まえて20年度からの特定健診・特定保健指導を実施いたします。
【特定健診】
健康機関情報は
下記をクリックしてください
特定健康診査機関データベース
【特定保健指導】
特定保健指導機関情報は
下記をクリックしてください
特定保健指導機関データベース
平成20年4月より特定健診・特定保健指導が義務化されました。
糖尿病、高血圧、脂質異常症などの『生活習慣病』の該当者や予備軍を減らすため、『内臓脂肪型肥満(メタボリックシンドローム)』に着目した生活習慣病予防策が導入されました。
今までの『早期発見』『早期治療』の健康診断・保健指導に、今後は『生活習慣病予防』のための特定健診・特定保健指導が加わります。
メタボリックシンドロームについての保健指導が必要な対象者を抽出するための健康診断となります。

特定健診・特定保健指導とは…

平成18年に成立した医療制度改革関連法のなかで、平成20年4月からメタボリックシンドロームに着目した生活習慣病の予防事業が義務付けられました。 具体的には40歳~74歳の被保健者・被扶養者を対象に特定健診を行い、生活習慣病の当該者や予備軍を抽出し、特定保健指導を行うことで『発症・重症化を減らす』ものです。

メタボリックシンドロームとは…

肥満症や高血圧症、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病は、それぞれが独立した別の病気ではなく、特に内臓に脂肪が蓄積した肥満(内臓脂肪型肥満)が原因であることがわかってきました。 このように、内臓脂肪型肥満によって、さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を「メタボリックシンドローム」といい、治療の対象として考えられるようになってきました。
関連リンク
厚生労働省HP
特定健診・特定保健指導のお申し込み・お問い合わせ
お電話または、3階健診センター窓口へ直接お越しください。
予約受付時間 9:00~11:00 13:00~16:00(土・日・祝日は休み)
申し込み・お問い合わせ先
札幌東徳洲会病院ふれあい健診センター
〒065-0033
札幌市東区北33条東14丁目3-1
TEL/011-722-1120
FAX/011-722-1175