後期臨床研修医募集

総合診療部後期研修プログラム

畑 俊一
指導責任者
畑 俊一
副院長
日本医師会主催指導医講習会

プログラムの特徴/沿革など

札幌東徳洲会病院は、札幌市東北部に位置する急性期総合病院です。平成16年の新医師臨床研修制度の開始に合わせ、効率の良い研修の場として「救急総合診療部」を開設し、365日24時間1次から3次まで断らない診療で、年間約9,000台の救急車を受け入れるまでになりました。平成24年より業務拡大に伴い、救急専門医2名体制の「救急部」と総合内科を中心とした「総合診療部」に分かれ、改組しております。臨床研究センターも開設して、臨床研究の支援も開始しております。専門医療では、癌診療、IBDセンター、再生・細胞治療センターなど特徴的な先端医療にも取り組んでいます。そのような環境の中、後期研修は、各サブスペシャリティ領域では、学会の認定/指導医に対応した後期研修を、総合診療を基盤とした総合診療を希望される方は、「救急部」・「総合診療部」の後期研修を準備しています。へき地・離島の徳洲会グループ病院での研修も可能です。

到達目標やアウトカム

  1. 総合医としての基本的診療能力
  2. 良好なコミュニケーションと行動変容支援
  3. 場に応じた問題対応・解決・調整能力
  4. 医療の社会性(ソーシャルワーク、プロフェショナリズム・臨床倫理)
  5. 医療の質と病院管理(標準的医療・EBMの実践、安全・感染管理)
  6. 臨床現場で教育

年次到達目標/年間研修スケジュール

1年目:内科学会地方会発表
     農村へき地離島応援研修(3カ月)
2年目:日本内科学会認定医取得

休暇/学会出張などの条件

年に1回は学会出張の補助
国内の学会出張は、演題があれば制限なし

週間スケジュール

週に2~3回の内科外来

募集人員

若干名

研修期間

3年、短期は3カ月より相談

学会施設認定・取得可能な資格など

日本内科学会教育病院、他日本救急医学会、日本循環器学会、日本消化器病学会、日本呼吸器学会の認定施設

診療実績・データ

入院ベッド:約40床

現在の指導体制

指導医1名

指導医からのメッセージ

総合診療部は、救急部と直結し専門診療科と連携しつつ、場に応じて患者中心の問題解決をはかる診療科に分かれない内科中心の入院診療部門として、地域の施設間、職種間、専門診療科間、医師のキャリアの「プラットフォーム」の役割を果たしています。マルチ・プレイヤー希望の方、お待ちしております。

修了者の進路

修了後は、総合診療部スタッフへ。

その他

日本プライマリ・ケア連合学会後期研修Ver2を申請予定。平成29年度から始まる新専門医制度で新設される「総合診療専門医」に対応する予定です。