後期臨床研修医募集

脳神経外科後期研修プログラム

指導責任者
佐藤 正夫(さとう・まさお)
部長

専門領域
脳血管障害・てんかん・良性脳腫瘍・頭蓋底腫瘍
経歴
旭川医科大学卒業
認定資格
日本脳神経外科学会専門医、臨床研修指導医、日本脳卒中学会専門医

プログラムの特徴/沿革など

初期研修を終えた医師及びそれに該当する医師を対象としますが、初期研修を終えてから脳神経外科医を新たに目指す医師も対象とします。脳血管障害をはじめ、脳腫瘍、脊髄疾患、機能的疾患、外傷、脳血管内治療など幅広く症例を経験することで、脳神経外科専門医を目指す医師を養成します。研修を通して、患者、家族、医療スタッフとの協力関係に配慮できる医師になることも目指してもらいたい。

到達目標やアウトカム

脳脊髄腫瘍、脳脊髄血管障害、脊椎脊髄疾患の診断、治療を習得する。カテーテル類の活用の習熟、手術用顕微鏡の活用の習熟する。

年次到達目標/年間研修スケジュール

腰椎穿刺、脊髄造影、脳血管撮影の諸検査を習得し、腰椎ドレナージ、脳室穿刺及び脳室ドレナージ、慢性硬膜下血腫穿頭ドレナージ術、髄液シャント術を術者として行う。その後、外傷や脳内出血における開頭手術、減圧開頭術などの術者を行う。脳動脈瘤クリッピング術、血管吻合術、内膜剥離術、神経血管減圧術、機能的手術、脊髄の手術、血管内手術等で助手として研鑽をつむことでさらなるレベルアップをはかる。

休暇/学会出張などの条件

院内規定に従う。学会発表には制限はない。地方会等に積極的に発表をしてもらう。

週間スケジュール

定期手術日を設けているが、臨時手術にはいつでも対応。

募集人員

若干名

研修期間

3年

学会施設認定・取得可能な資格など

脳神経外科専門医、脳卒中専門医の習得をめざしてもらう。

診療実績・データ

ベッド数25床、年間手術283例、脳腫瘍10例、動脈瘤クリップ23例、コイル19例、脳出血開頭22例、外傷74例、血管形成術29例、脊椎22例、その他。

現在の指導体制

指導医;2名

指導医からのメッセージ

平成27年度より指導体制を大きくかえました。皆さんの脳神経外科後期研修への参加を期待しております。

修了者の進路

スタッフへの採用があります。