後期臨床研修医募集

後期臨床研修の基本方針

2年間の初期研修を終了した医師が、専門分野のより高度な臨床知識と技術を習得しながら、各分野の専門医の資格取得を目的とする。あるいは、総合診療医として幅広い臨床研修を行うことを目的とし、将来の第一線の臨床医や高度の専門医としての技能を育成することを目的とする。

後期臨床研修の6つの一般目的(GIO)

  • 患者の人権を尊重し、患者の視点に立った良き臨床医を志す。
  • 初期研修で取得した医師としての基本的な臨床能力(知識、技術、態度)の向上。
  • 高度な専門性の医療技術の修得。(各種学会認定医・専門医修得を目指す)
  • 初期研修医の良きロールモデル。(屋根瓦式教育の確立)
  • チーム医療のリーダー性を養う。
  • 学会発表・論文執筆に努める。

 初期臨床研修を終えようとしている研修医の皆さん、この2年間自分で考えていた様な実践医療の勉強や それに伴う様々な経験が出来ましたか。
 来年度から皆さんは後期研修医という身分になり、それぞれが希望する道をライフワークとしてひたすら進み続けるということになります。進路は大きく分けて3つ、臨床医、研究者、行政官のいずれかです。臨床で生きるのなら理念、スタッフ、症例数などがそろった一般病院が良いでしょう。研究者であれば大学や研究施設、行政官なら公務員試験を受ける必要も出てきます。いずれに進むにしても今後の長い年月をかけて築き上げていくあなたの職業人としての人生、あなたが心から求めるもの・心を大きく動かされたもの・あなたが人生をかけて成し遂げたいものを今こそ真剣に見つめた上で、最後は決断です。 どの道を選択するにしても先には大きな壁がいくつも待ち受けています。
 それを乗り越え、打ち破るためには覚悟が必要です。その覚悟は「自分が選んだ道だ」の一言から生まれます。己の体力、気力、能力、性格、経験からうまれた疑問や興味、指導者などを検討し、自分で決断してください。「あなたの決断は正しい」ことを信じて。 
 当院では「あなたの選んだ道」をしっかりとサポートいたします。